市販の睡眠薬『ドリエル』『イララック』『パンセダン』について

市販で売られている睡眠薬は、正確には睡眠薬とは呼びません。
市販のものは大半が『睡眠改善薬』と呼ばれるものです。

 

医師によって処方される睡眠薬は、
『睡眠導入剤』と言います。

 

これらは何が違うのでしょうか。

 

効果も副作用も、睡眠導入剤のほうが強いです。

 

副作用がどうしても強く出ることがあるため、
不眠症で悩んでいても「出来れば病院には行きたくない」
「市販薬でなんとかしたい」と思っている人は多いのです。

 

市販の睡眠薬は、『抗ヒスタミン製剤』と
『ブロムワレリル尿素入り製剤』の2つに分けられます。

 

抗ヒスタミン製剤のほうが多いです。
有名なのは『ドリエル』という薬です。

 

市販の睡眠薬の火付け役ともなったのが、このドリエルなのです。

 

このような睡眠改善薬は、抗ヒスタミンの副作用でもある
催眠作用によって眠りやすくするというものです。

 

抗ヒスタミンとはアレルギーの改善などに使われる成分ですが、
痙攣のある人には使えないので注意してください。

 

医師が処方する睡眠導入剤より効果は薄いですが、
副作用も少ないため安心して使えるという人が多いです。

 

他にも、漢方系の睡眠薬もあります。
『イララック』や『パンセダン』などがそうです。

 

こちらは鎮静剤なのですが、鎮静効果によって眠気をもたらすという薬になります。

 

処方薬でも市販薬でも、
使い続けると効果が薄まることは少なくありません。

 

日常的に使うのではなく、あくまでも『緊急用』として所持しておきましょう。

 

次のページでは、口コミで人気の不眠症対策サプリメントをご紹介します。