疲れすぎて眠れないときはどうするべき?

『疲れすぎて眠れない』という経験のある人も多いと思います。
ふつう、疲れていたらぐっすり眠ってしまいますよね。

 

「死んだように眠る」という表現があるほど、
疲れているときは爆睡モードに入ってしまうことも多いのではないでしょうか。

 

もちろん、ほどよい疲れは質の良い睡眠をもたらします。
しかし、何事にも限度があるのです。

 

疲れすぎてしまうと、なかなか眠れなくなってしまうのです。

 

疲れすぎて眠れない原因には、
『交感神経の活発』と『体内時計の乱れ』が考えられます。

 

ふつう、寝る前などリラックスしているときは
交感神経ではなく副交感神経が活発になっています。

 

交感神経は、何かに没頭していたり
頑張っているときに働くものなのです。

 

しかし、交感神経が長時間活発なことが続くと、
なかなか落ち着いてくれなくなります。

 

これは、一時的な『自律神経失調症』とも言えるかもしれません。

 

疲れすぎる原因となった活動をやめてから1〜2時間くらい経つと、
だんだんと眠くなってくると思います。

 

次に『体内時計の乱れ』です。わたしたち人間は、
日の出とともに目覚め、日の入りとともに寝るという
『サーカディアンリズム』体内時計が存在します。

 

しかし、夜遅くまで仕事をしていたりすると、このリズムが乱れて眠気がこなくなるのです。
疲れすぎて眠れないことが続くようなら、しっかりと生活習慣を見直してみましょう。

 

夜更かしはしない、朝の光を浴びること、はとても大切です。
カモミールやホットミルクなど、心を落ち着かせる効果のあるものを飲むのも良いですよ。

 

次のページでは、口コミで人気の不眠症対策サプリメントをご紹介します。