眠れないときに寝る「不眠症の改善」方法とは?

今現在、日本で不眠症で悩んでいる人は多いです。

 

実に成人の20%、
5人に1人の割合で不眠症なのだそうです。

 

その数は年々増加しており、
年齢とともに増加していく傾向にあります。

 

睡眠は、本来1日の疲れを取るためのものです。

 

その睡眠がしっかりと取れなかったら、健康を害するのは言うまでもありませんね。

 

眠れないと悩んでいる人は多いですが、
健康のためにも不眠症は早期に改善したいものです。

 

今回は、そんな人たちのために『眠れないときに寝る方法』をお話ししたいと思います。

 

寝るために最も大切なのは、『リラックスすること』です。
リラックスすると副交感神経が優勢になり、次第に眠気が訪れますよ。

 

このとき、眠ろう眠ろうと考えすぎるのはやめましょう。

 

眠りを意識すると、かえって眠れなくなることは、
おそらく大半の人が経験済みのことと思います。

38℃〜40℃くらいのぬるめのお湯で半身浴をする、
刺激を遠ざけることが大切です。ここでいう刺激とは、
カフェインやアルコール、パソコン、スマホ、勉強などのことです。

 

寝る前に頭を使ったり光を見るのはやめましょう。

 

睡眠用のBGMを流して脳波をα波にしたり、
寝室の環境を整えることも忘れてはいけません。寝

 

室の環境は、温度や湿度、光などを見直してみましょう。
光はオレンジ系にすると心が落ち着いてきますよ。

 

そして、眠れないときに寝るためには、
ホットミルクやココアを飲むと良いと言われています。

 

牛乳には眠りに効く成分である『オピオイドペプチド』を
生成する働きがあるのです。

 

温かいものを飲むと心が落ち着きますから、眠れないときにホットミルクはベストアイテムですよ。

 

次のページでは、口コミで人気の不眠症対策サプリメントをご紹介します。