眠いのに眠れない!不眠症の解消方法とは

不眠症には、実に様々な症状があります。

 

単純に『眠気がやってこない』パターンもあれば、
『眠気はあるのに』眠れないパターンもあります。

 

今回は、後者の『眠気はあるのに眠れない』という
不眠症の解消法について、説明していきたいと思います。

 

まず、眠いのに眠れないのは、『寝る環境』が悪いのかもしれません。

 

たとえば室温が高すぎる、ライトが明るすぎる、
枕が合っていない、などです。

 

室温は、夏場は26〜28℃、
冬は18℃〜23℃くらいだとスムーズに眠りにつけると言われています。

 

また、枕や布団などの寝具を変えてみるのも良いと思います。

 

眠いのに眠れないときは、
枕などが眠りを妨げている可能性があるからです。

 

それから現代人に多いのが、寝る前にパソコンやスマートフォン、
ゲームなどをすることです。

 

寝る前に光を見ると脳が覚醒してしまい、
眠気を催してもなかなか寝付けなくなってしまいます。

 

寝る1時間前になったら、
パソコンやスマートフォンなどの使用を控えてみてください。

 

また、眠気はあっても眠れないのは、
ストレスが原因で脳が興奮状態にあるからかもしれません。

 

脳の興奮を速やかに抑えるために、
リラックス出来る環境作りに励みましょう。

ぬるめのお風呂にゆっくり入る、
ストレッチをする、などはおすすめです。

 

そして、寝る4時間前のカフェイン、
1時間前のタバコは脳が興奮する原因になるのでやめましょう。

 

毎日元気に過ごすためにも、夜はしっかりと睡眠を取りたいものです。
出来るところから始めて、不眠症を解消していきましょう。

 

次のページでは、口コミで人気の不眠症対策サプリメントをご紹介します。