眠れないときに効果的なツボはどれ?

眠れないとき、たいてい脳は興奮状態にあり、体は緊張しています。
そうなってしまう原因は、寝る前のカフェイン・運動・スマホ・不安など人それぞれです。

 

自分で『眠れない原因』が分かっていれば良いのですが、
残念ながらそうでない場合も多いと思います。

 

原因が分からないから対処のしようがない…と諦めていませんか?
そんなときは、『不眠に効くツボ』を刺激してみてください。

 

ツボを刺激すると、リラックス効果・血流促進効果・
睡眠に必要な刺激を与える効果が得られます。

 

不眠に効果のあるツボはたくさんあるのですが、
その中のいくつかを紹介します。

 

百会(ひゃくえ)

 

頭頂部、鼻の延長線と両耳をむすんだ線が交わるあたりにあります。
両手の中指を重ねて、15秒くらい押しましょう。

 

安眠(あんみん)

 

耳の後ろにある骨の下にあります。
頭の後ろから手を回して、中指で押しましょう。

 

攅竹(さんちく)

 

眉頭の、骨のくぼみにあります。
親指で、上に持ち上げるように押しましょう。

 

行間(こうかん)

 

足の親指と人差し指の付け根の間にあります。
指の腹で押しましょう。

 

これらのツボは、どれも気持ちいいと感じるくらいの強さで、
しっかりと押すことがポイントです。

 

だいたい1回15秒くらいで、3セットくらい行ってみてください。

 

強く押しすぎると逆効果になってしまいますので、
強さには十分気を付けてくださいね。

 

ツボ押しは、適切に行えばとても効果的な方法です。

 

しかしツボ押しに頼りきるのではなく、
生活習慣の見直しなどもしっかりと行うことも大切ですよ。

 

次のページでは、口コミで人気の不眠症対策サプリメントをご紹介します。